表紙 / バドミントン / 正文

2022チームからワールドカップ

2023-11-26バドミントン読む 27

2022チームからワールドカップ

1、2026年からの新形式が発表されると,ソーシャルメディアでは多くの反発が巻き起こった。がワールドカップの開催方式を変更するのはこれが初めてのことではない。1982年大会から1994年の米国大会までの4回は24チーム制で行われていた。緊張がより高まり,劇的な瞬間や番狂わせの可能性が大きくなり,世界中を興奮させることになるだろう。

2、このことについてはまだ正式に発表していないが,そもそも自動出場権は開催立候補の公式条件に含まれていたこともあって,そうなる可能性は高い。試合数の追加は放映権及び広告収入の増大に直結するためだ。2026年ワールドカップの特徴のひとつは米国。

3、そしてメキシコの3か国による共同開催であることだ。問題は全部で10問。

4、新形式に向けられる批判の矛先は大きく分けて2つある。大陸間プレーオフも4チームから6チームへと拡大される。関連記事,ワールドカップ2022全64試合の日程。1998年のフランス大会以来,32チーム制で争う大会が4年ごとに開催されてきた。

5、そして各グループの上位2チームが,計32チームで争う決勝トーナメントに進出する。第2ステージを勝ち抜いた4つのチームが決勝トーナメントの準決勝に進出した。開催国カタールについて知っておくべきこと。

2022チームからワールドカップ

1、まず今までワールドカップの大舞台から遠かったチームにより多くのチャンスが回ってくる。ワールドカップの大会開催方式はここしばらく一定していたが,1930年の第1回まで歴史を遡ると,大きな変遷があったことが分かる。開催方式も大きく変わっている。上で述べたような「混乱」した状況では,必ずしも相応しい実力を持ったチームが優勝するとは限らないことだ。

2022チームからワールドカップ

2、1チームが決勝までに戦う最大の試合数に変更はない。はワールドカップの予選を変えたことに対して最も大きな批判を浴びた。

3、開催方式を大きく変更するときには,その良し悪しを巡って常に議論が起きることは避けられない。より大きくなった,負けたら終わりの勝ち抜きトーナメントでは,「最強」チームが優勝トロフィーを獲得するとは限らない。

4、実は少ない優勝国数ワールドカップ2022が始まるのはいつ。それ以前は16チーム制だった。他にも40チーム制による2つの妥協案も検討されたが,は48チーム制を採用した。この地区は4枠が新たに保証され,さらに大陸間プレーオフの枠も与えられている。

5、この大会ではウルグアイがブラジルを2-1で破ったグループステージの最終戦が事実上の決勝戦であったと考えられている。チーム数の増大によって,大会合計の試合数も64から80へと増えることになる。

このサイトの記事はすべて参照のためにインターネットからのものです。あなたの権利に違反する著作権がある場合は、メールボックスを削除するためにお問い合わせください!

あなたも好きかも